マイホーム住宅購入にあたり火災保険を検討

夢のマイホーム住宅を購入する場合に知っておきたいのが、火災保険加入により住宅費用の節約が可能となる点です。

 

大きく分けると建物・家財にかける保険であり、突然の火災や落雷などによる自然災害から大切な家を守るために必要な保険となっています。

 

マイホーム購入にあたり、不動産業者やハウスメーカーが勧める保険に躊躇なく加入してしまうことも少なからずあるため、保険料の支払い負担に困るケースも増えています。

 

火災に対する保険商品は数多くありますが、マイホーム購入後の暮らしで節約できる保険内容をチェックすることは必要不可欠です。

 

多くの不動産業者やハウスメーカーが勧める内容は、自動特約やオプションを付けた補償がガッチリした総合型パッケージの保険であることが多く、補償の充実さが魅力です。

 

ですがマイホームの構造をはじめ、周辺環境などにおいて万が一の災害に見舞われた場合において、不必要な補償を付けているケースが非常に多く、余分な保険料が家計にのし掛かってしまいます。

 

保険料を大幅に抑えるためにも内容をチェックすることは重要で、例えば、主な内容の1つが火災・落雷・破裂・爆発の4つを補償している保険契約になっており、主契約のみの契約で保険料を節約するのも1つの手です。

 

さらに家財などにおいても心配な場合には、ライフスタイルに合わせた特約をプラスできるカスタマイズ型の保険を選択します。

 

火災保険では家財に対する補償をプラスされる方も増えており、必要最低限で保険料を抑えるケースと、マイホーム購入に合わせて選りすぐった家財である場合には補償額を高め設定することも可能です。

 

世帯の年齢や家族構成などによって家財評価額の目安を参考にするのですが、ここで注意しておきたいのが、評価額の100%の補償額を設定しなければ満額補償ができないケースと、保険額に関係なく自由に補償額を設定できるケースがあるため、事前の内容チェックは重要視したいポイントで、家計に優しく賢い備えがポイントになります。