火災保険と地震保険について

住宅を購入するときに住宅ローンを利用する方は多いと考えられますが、借入先の銀行で、火災保険や地震保険への加入が条件となっているようです。

 

火災保険とは、もし火災が起こってしまったときに、その火災の被害額に合わせて、家や家財品を補償してくれるというシステムですが、各保険会社から、様々な商品が販売され、保険料や、補償される金額、支払いも一括や分割など、消費者にかなり多くの選択肢があるとされています。

 

オール電化は火事が起こる可能性が低いことから、保険料が安くなるなど、ユニークな保険を扱っている会社もあるようです。

 

家のつくりが木造か、鉄筋コンクリートかによっても保険料が違う他、家のつくりが難燃性の材料でできているなどの条件により、更に割引になる保険もあります。

 

火災だけではなく、消防活動による破損、落雷、車で衝突されるなど、多種多様な住宅トラブルにも対応するタイプの保険もありますので、起こる可能性のある住宅トラブルを、幅広くカバーしている商品を選ぶようにすると良いでしょう。

 

支払いは、ローンを組む時に一括で支払うタイプや、年払いで毎年払うタイプ、月払いタイプなど選ぶことができるようです。

 

一般的には、一括で支払うほうが割安とされています。

 

地震保険とは、地震が原因とされる住宅の損害を補償する保険です。

 

火災が起きたとき、地震が原因の場合は火災保険では補償されないため、地震保険への加入は必須と考えられています。

 

又、地震が原因の津波災害なども、補償対象となっています。

 

金額は国によって定められており、住んでいるエリアによって価格が大きく異なります。

 

一般的に、地震が起きやすいエリアや被害が拡大しやすいと予測されるエリアは高額となっています。

 

住宅の構造によって、地震に強い構造のものがありますので、壊れにくい家の場合は、保険料も割引になるようです。

 

免震構造や、耐震構造などにより保険料は異なりますので、確認してみると良いでしょう。