火災保険の一括見積もりで、比較するメリットについて

住宅ローン対応の火災保険の比較見積りが、無料で一括で行えるWEBサイトが存在しています。

 

一括見積もりのご紹介の前に、まず保険金額の決め方について、ご紹介します。

 

生命保険の保険金額であれば、万が一の場合、ご遺族の方に残したい金額をご自身で設定することができますが、火災保険の場合には異なります。

 

例えば、万が一家が全焼した場合、5000万円の補償が欲しいから、5000万円受け取れるように保険金額を決めるということはできません。

 

火災保険の保険金額の設定方法は、建物の時価額で保険金額を設定する方法と、再調達価格で保険金額を設定する、2つの方法があります。

 

両者ともに建物の価値を基準にして、保険金額を決めることになります。

 

このように損害が生じた場合に、保険金額をあらかじめ設定した基準で損害額を算定し、保険金額を限度に損害額を保険金として支払う方式を、「実損払方式」といいます。

 

次に、複数社の見積もりを比較するメリットについて、ご紹介します。

 

販売されている火災の保険は、保険会社ごとに内容も保険料も異なります。

 

自分の家では、例えばオール電化などの割引が適用できるのか、不要な補償は外すことができるのかなどといったことは、物件ごとに異なりますので、実際に見積もりを取ってみなければわかりません。

 

ご自分の家は、どんな補償が必要で、どんな保険料になるのかということを、見積もりを取ることで、事前に知ることができます。

 

保険会社によって、補償が外せる条件などが違ってきますので、ご自身にあったプランで加入するためには、複数社の見積もりを比較することは、大変有益な方法というわけです。

 

住宅ローンを組んだ際に、銀行に提案される火災の保険に加入しなければいけないというきまりはありません。

 

保険会社は、自由に選ぶことが可能です。

 

銀行がすすめる保険会社、あるいは知り合いの保険代理店などに相談する前に、保険の知識を仕入れるといった意味でも、見積もりをとってみられることをおすすめします。

 

火災保険の相場を知る方法について知りたいならこちらのサイトがおすすめです
火災保険の相場ガイド